2020年9月6日日曜日

白馬岳

9月5日(土)

 猿倉駐車場に停める。猿倉山荘で水の補給。天気が良く,暑い。林道を歩き,白馬尻まで。今年は,コロナ

で,小屋は建てられていない。何組か休んでいた。大雪渓はすでに秋道になっていて,降りる
のに,しばらくざれた急登を登る。大雪渓は赤いベンガラで印が付けられているが,薄くなっていた。すぐ雪渓は終わり,右側のルートに取り付く。岩のあるところをしばらく登ると避難小屋に着く。そこからしばらく登ると白馬の稜線が見えてくる。途中,外人のカップルを追い越す。7時から登っているとのこと。しばらくして,町営白馬山荘が見えてくる。稜線にあがると白馬山荘までの道は,整備されていて歩きやすい。手続きして,カフェで珈琲を飲む。すでにガスがあがっていて,見えなくなっていた。夜,落雷を伴う激しい雨。外人カップルは,テント泊と言っていたが,大丈夫だったろうか。

 9月6日(日)

朝,起きたら雨で,白馬に着いた時も雨で何も見えなかったが,三国境に着く頃には,ガス

があがり始まる。小蓮華に向かうとき時は,朝日岳,日本海が見えた。しかし,それもつかの間,再び雨。白馬大池に着いたら,小屋は満員であった。珈琲を飲む。休んで,天狗原に向かう。途中,雪渓を横切るのだが,雪渓はなかった。大きな岩のあるところを降りていく。いいかげん,降りきって天狗原に着く。栂池に着く頃には,雨は上がっていた。

 


 

 

タイム
猿倉荘10:07
11:02白馬尻荘
11:15
11:17白馬尻小屋
11:27
13:57岩室跡
14:14
14:23避難小屋
14:41
15:33白馬岳頂上宿舎
15:52白馬山荘泊


2日目
白馬山荘06:51
07:07白馬岳
07:10
07:40三国境
07:47
08:39小蓮華山
08:40
09:14船越ノ頭
09:15
09:44白馬大池山荘
10:15
10:47乗鞍岳
10:48
11:33風吹大池方面分岐
11:36
11:41天狗原/白馬岳神社
11:49
12:49栂池山荘
12:53
12:55栂池パノラマウェイ 自然園駅

2020年8月29日土曜日

小金沢山

甲斐大和から上日川峠行きのバスに乗る。臨時バスが出て,それに乗る。小屋平で下車。甲斐大和は暑かったが,標高があるのか涼しい。最初,晴れていたが,石丸峠に着く頃には曇る。峠には,何組かいて,コロナ自粛前とは違う。同じように,小金沢を目指す。伸びやかな草原のようなところを降っていく。今回は,牛奥ノ雁ガ腹摺山から降る。枯れた木が生えているところを降りていく,途中林道を横切り,さらに降るとバス停。すずらん昆虫館がある。時間があるので,釣りのことをきく。甲斐大和に着いたら,すごい暑さであった。

 タイム
09:15バス停
10:13石丸峠
10:22
10:25天狗棚山
10:35
11:23小金沢山
11:51
12:23牛奥ノ雁ガ腹摺山
12:38
13:53バス停


 


2020年8月23日日曜日

五竜岳〜鹿島槍

8月20日
9時半過ぎに白馬五竜の駐車場に着く。終日は駐車できないとあって、困った。しょうがないので、路駐かと思ったが、隣に登山者用の駐車場があり、そこに停める。ロープウェイの入り口で、登山届けを出す。人は少ない。地蔵の頭までリフトで上がる。歩き出してすごい汗。小遠見で休んでいると子供連れがきて、すごく暑いので、子供はもうダメなので、降りると夫に言っていた。暑さにまいる。中遠見に着く頃には、タオルから汗が絞れる。途中、追い越された人を追い越す。暑さに参ったのだろう。五竜小屋には、4時過ぎに着く。着替えたが、驚いたことにはfinetrack は濡れている感じではない。タオルがびしょびしょなのと違う。



8月21日
7時過ぎに五竜山荘をでる。登っている途中、何人か降りてくる。頂上には、若者2人組と女性だけ。白馬まで見える。快晴でこれだけでも珍しい。しばし、写真を撮ってから、キレット小屋へ。下りは急で、何箇所か鎖がある。ざれているので、滑りやすい。降り終わって、休んでいると中年の人が現れる。大キレットと違い、鎖があった方がいいところになく、ざれているので滑りやすいと言っていた。確かにそうなのだが、このコースは、それほど人気がないのでは。G5を過ぎて、登って来る人が来たので、話したら、パトロールの人であった。会ったのはこの2人だけ。キレット小屋について、手続きをして、今日の宿泊は何人か聞いたところ十名という。少ない。

8月22日
八峰キレットへ。最初,幅の狭いざれた道を登ると,ハシゴがあり,それを越えて鎖のあるところを上り下りして,再びハシゴ。しかし,それはほど続かず,稜線を歩くようになる。稜線を歩き,分岐へ。谷からの風が吹き,寒かった。北峰を登る。相変わらず,天気は良く,白馬まで見える。すぐに折り返し,南峰へ向かう。途中,ざれたところを登る。南峰は,広く,人も多かった。爺が岳からの道は,歩きやすく,そのためかトレールランの人が多い。冷池小屋でインスタント珈琲を飲む。それにしても,暑い。爺が岳に着く頃は,ガスがあがってきていたが,まだ,劔は見えていた。種池山荘で人が多く休んでいた。少し休んで、扇沢に降りる。15時くらいに着いたが,しばらくしたら,雷と共に雨。16時10分のバスで白馬五竜に戻る。









タイム
8月20日
10:50地蔵の頭
12:00小遠見山
12:24
12:44中遠見山
13:00
13:39大遠見山
14:50西遠見山
16:14白岳
16:16遠見尾根分岐
16:19
16:21五竜山荘泊

8月21日
07:00五竜山荘
08:23五竜岳
08:43
11:10北尾根ノ頭
11:32
13:37八峰キレット小屋泊



8月22日
05:58八峰キレット小屋
06:00八峰キレット
06:23
07:45鹿島槍ヶ岳北峰
07:58
08:30鹿島槍ヶ岳
08:58
09:32布引山
09:35
10:08冷池山荘テント場
10:14冷池山荘
10:30
10:41冷乗越
10:48
11:13爺ヶ岳北峰
11:16
11:36爺ヶ岳中峰
11:46爺ヶ岳南峰
12:03
12:33種池山荘
12:51
13:07富士見坂
13:10
13:27水平岬
13:52駅見岬
13:55
13:59ケルン(柏原新道)
14:08
14:53柏原新道登山口
15:10扇沢駅G


2020年8月1日土曜日

テント

 だいぶ前に買ったテント,モンベルのステラリッジなのだが,フライ,テントがべたつく。いろいろ調べると直る可能性はあるようだが,結局,寿命ということである。シリコンスプレーが少し軽減するようなので,試してみる。

2020年7月26日日曜日

川口成彦 フォルテピアノ・リサイタル

久しぶりのコンサート。三鷹芸術文化ホール。今回のリサイタルが2月にコンサートができなくなって以来,初めてのコンサートとのこと。入場するとき熱を測られた。席は,2人おきで人が邪魔にならないのでいいのではあるが,どうだろうか。今回の演奏で使われたピアノは,プレイエル。ショパンが生きていた時代のもの。ホールが響くのか,音は良かったなあ。

川口成彦
フォルテピアノ・リサイタル

プログラム◆◇
フリデリク・ショパン Fryderyk Chopin(1810-1849)
レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ
(夜想曲 ハ短調(遺作)
Lento con gran espressione in C sharp minor, Op.posth.
(Nocturne in C sharp minor, op.posth.)
ワルツ 第7番 嬰ハ短調 op.64-2
Waltz in C sharp minor, op.64-2
幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
Fantasy-Impromptu in C sharp minor, op.66
夜想曲 第10番 変イ長調 op.32-2
Nocturne in A flat major, op.32-2
バラード第1番 ト短調 Op.23
Ballade No.1 in G minor, op.23
ワルツ 第5番変イ長調「大円舞曲 op.42
Waltz in A flat major, op.42
ポロネーズ第6番 変イ長調「英雄」op.53
Polonaise in A flat major, op.53 "La Polonaise héroïque"
-  intermission -

24の前奏曲 op.28
24 Preludes op.28
第1番ハ長調No.1C major
第2番 イ短調 No.2A minor
第3番ト長調 No.3G major
第4番 ホ短調 No.4 E minor
第5番ニ長調 No.5D major
第6番 ロ短調 No.6 B minor
第7番 イ長調 No.7A major
第8番変ホ短調No.8 F sharp major
第9番 ホ長調 No.9E major
第10番嬰ハ短調No.10Csharp minor
第11番 ロ長調 No.11 B major
第12番嬰ト短調 No.12 G sharp minor
第13番 変ホ長調No.13 F sharp major
第14番変ホ短調 No.14 E flat minor
第15番 変ニ長調No.15 D flat major
第16番変ロ短調No.16 B flat minor
第17番変イ長調」 No.17 A flat major
第18番ヘ短調 No.18 F minor
第19番変ホ長調」 No.19 E flat major
第20番ハ短調 No.20 C minor
第21番 変ロ長調No.21 B flat major
第22番ト短調 No.22 G minor
第23番 へ長調 No.23 F major
第24番ニ短調 No.24 D minor

2020年7月19日日曜日

にゅう・天狗岳

久しぶりに晴れる。麦草峠の駐車場に停めようと思ったが満車。白駒池駐車場に停める。
白駒池までは,整備されていて,観光客が来れる。駐車場に車はかなり駐まっていたが,それほど観光客はいない。白駒池には,ボートがあって,2000円,高いなあ。白駒池の周回 コースを歩くと,にゅうへの案内がでてくる。そこから登りが始まる。苔の美しいところで,時間があれば写真を撮るのも良いかもと思った。北八ヶ岳は,大きな岩がが多くあり,歩くのがやっかいである。しばらく行くと斜度が緩やかになり,にゅうが近い。にゅうは,三角点が置かれていて岩が重なったピークである。開けていて,白駒池や天狗岳を眺めることができる。思った以上に人がいた。写真を撮って,中山峠に向かう。にゅうから見えたのだが,わりと距離はある感じ。ここからは,ほとんど平坦な道を進む。中山分岐まで着くと,そこからは降りとなり,すぐに見晴台につく。冬によく来るところで,天狗岳を眺めるのには良い。そこでしばし休む。天狗岳に向かう。夏道なので,岩がむき出しになっているので,歩きにくい。1時間ほどで頂上につく。人が多い。昨年,秋来たときはこんなにいなかったなあ。頂上で写真を撮ったりしてたら,汗冷え。ヤッケをもってこなかったのだ。同じ道を戻る。歩くのが遅い。中山峠まで戻り,そこから,高見石を目指す。中山展望台まではわりと平坦で,冬行くと,いつもトレースを見失い,引き返すのだが,森林の間を通って,緩やかに降っていく。しばらく歩き,右側が開けてくると,高見石小屋。小屋の前に何人かいたなあ。高見石からは,白駒池駐車場まで緩やかな降りの道をとる。駐車場に着いたのは,4時過ぎ。頭が痛い。汗冷えなので,体を温めなければと思い。温泉を探す。蓼科共同浴場へ行く。入るときに,熱を測られる。36.5度とのこと,はあ。頭が痛いのだけどね。少し良くなるが,帰り,八ヶ岳PAで休む。食欲もなく,軽い吐き気もあったが,PAの湯麺を食べたら,直る。なんだったのだろうか?













 タイム
08:53白駒の池駐車場
09:02白駒分岐
09:12白駒荘
09:49白駒にゅう分岐
10:20稲子湯分岐
10:27ニュウ
10:45
11:27中山分岐
11:34見晴らし台
11:46
11:49中山峠
12:34天狗岳分岐
12:47天狗の鼻
12:49東天狗岳
13:07
13:08天狗の鼻
13:13
13:20天狗岳分岐
13:57中山峠
14:01見晴らし台
14:12
14:19中山分岐
14:33中山
14:37中山展望台
15:37高見石小屋
15:44
16:15白駒分岐
16:21白駒の池駐車場

2020年5月9日土曜日

姥子山・雁が腹摺山

行こうと思っていたが,なかなか行けなかった 姥子山・雁が腹摺山に行く。ここは,大峠からいくか,湯ノ沢峠からなのだが,いずれにせよ,アプローチが車で行くしかない。金山鉱泉から行くことにした。
大月のインターを降りて,上野原方面へ。すぐに左折して,金山鉱泉へ向かう。二つほど温泉旅館を過ぎると,何台か車が停められる駐車場がある。登山道は,そこから川を越えて,登って行く。急登が続き,尾根にでる。歩きやすい道をしばらく行くと,川が右に見えてきて,林道に降りる。そこが百間干場で,左へと林道を歩いて行くと,雁が腹摺山への案内がでてきて,そこを登っていく。しばらくするまた,林道に出る。姥子山へは,林道を右へ歩いて行き,しばらくすると,姥子山への案内が出てくる。そこを降り,しばらく登り返すと頂上である。頂上からは冨士が一望できる。再び,林道に出ると,右へ歩くと,雁が腹摺山への案内が現れ,そこを登っていく。しばらく登ると林道への道と,雁が腹摺山への案内がある。そこを右にまがり,登って行く。次第に木が少なくなり,緩やかな登りの草原状のところに出て,しばらく行くと頂上に着く。
 帰りは,金山峠から,沢沿いの道へと降りた。何回か徒渉しなくてはならず,水が多い場合は,降りるのは難しい。途中,以前かかっていた橋が壊れていて,沢を渡って,林道に取り付くのだが,その林道も荒れていて,このコースは,見捨てられているようだ。