2018年9月15日土曜日

N響定期第1891回

 今回から,Aプログラム。6時開演なので,帰りがそんなに遅くならない。原宿に着いたとき,それほど,混雑していなかった。やはり,土曜の夕方となると,ひともすくないのか。NHKホールの前で,ラテンミュージックフェスティバルをやっていた。天気も良くないのか,時間も遅いのか,人は少なかった。
 5分前に到着。席を替えたのだが,両隣に人がいない。さらに前の席も人がいないところがある。満席ではなかった。今日のプログラムは,次のもの。

ヨハン・シュトラウスII世 喜歌劇「こうもり」序曲
ヨハン・シユ卜ラウスII世 ワルツ 「南国のばら」作品388
ヨハン・シュ卜ラウスII世 ポル力「クラツプフェンの森で」作品336
ヨーゼフ・シユ卜ラゥス ワルツ 「うわごと」 作品212


グスタフ・マ一ラ一 交響曲第4番
 I落ち着いて、 急がずに
 II ゆつたりとした動きで、 慌てないで
 III 安らぎに満ちて:ポコ・アダージョ
 IV 非常にくつろいて

指揮 パーヴォ・ヤルヴィ
ソプラノ アンナ・ルチア・リヒター

 面白かったのは,「南国のばら」で,金管がなる箇所が,まるでサーカスの音楽のようであったことだ。休憩をはさんで,マーラーの第4番。第4楽章で,ソプラノに合わせて,様々な楽器が寄り添うように演奏されるのを聴いて,CDでは,これはわからないなあ,やはり,ライブでないとと思った。マーラーの4番,第4楽章の最後,ハープが最後のコーダをゆっくりと弾いていくのだが,ヤルヴィは,すでに指揮をしていない。音が消えてしばらく,ヤルヴィは,動かず,このまま沈黙が永遠に続くかと思えたとき,やっと体をコンサートマスターのほうにむけ,それにあわせて聴衆の拍手が起きた。今日の聴衆は,行儀が良かったなあ。

後日,この定期がラジオで放送されたものを聴く。まるで印象が違う。南国のバラは,なぜかサーカスの音楽ではなかった。

 

2018年9月8日土曜日

バッハ ロ短調ミサ曲

 今日は,すみだトリフォニーホールで,トン・コープマンのバッハ,ロ短調ミサ曲。BCJで聴いたとき,すごく良かったので,楽しみにしていた。

 最初に,コープマンによる小フーガがパイプオルガンで演奏された。おわるとすぐに,ブラボー。いやな予感。
 ロ短調ミサ曲の演奏の前に,コープマンが出てきて,地震で札幌のコンサートをキャンセルせざるを得なく,今日が日本での最後の演奏となる言った。
 第1楽章が終わるとすぐに,今度は,拍手。多分,第2楽章が終わって,休憩だと思ったのだろう。最後は,さすが,演奏がおわってからのブラボーはなかった。座った席が,20番でちょうど真ん中であり,あまりよく見えない。音楽を聴くのはいいが,舞台をよく見ることができない。ソリストと合唱は良いし,オーボエやフルートなどソリストのレベルは高かったが,演奏については,印象となるものは感じられなかった。

2018年8月26日日曜日

苗場山

 台風が来るということで,南アルプスに行くのを遅らせたら,また,台風が来て,行くことができず,結局,日帰りの苗場山になった。
 苗場山は,20年ほど前に何回か行ったことがある。その時の印象は,雷清水のところにゴミが落ちていて,頂上に比べ,なんか汚いなあと言うことであった。

家を6時過ぎにでて,駐車場に着いたとき,9時30分を過ぎていた。やはり,関越トンネルを越えると遠い。何回か来たが,祓川駐車場への道はすっかり忘れていた。駐車場の目の前に登山道があり, そこから登る。前日に雨が降ったせいか,道がぬかるんでいた。和田小屋までは,道路が続いてそこをあるいても,時間はあまりかわらない。和田小山の前で,少し休み,スキー場を少し登り,途中トラバースすると登山道になる。大きな岩が所々にあり,道が所々川となっていた。途中,下の芝まで,何組かパーティが降りてくるので会う。前日,頂上の小屋に泊まったのだろう。上の芝まであがると植生が変わってくる。そこで,山岳警備の人?に栞をもらった。上の芝から神楽の峰までは,緩やかに登っており,神楽の峰は稜線上にあるので,ピークのようには感じられない。神楽の峰からは,雷清水まで下っていく。雷清水で水を補給し,さらに下って,お花畑を過ぎると登りになる。すっかり忘れていたが,頂上まで登るのに思った以上に時間がかかった。頂上は広く,ところどころに池塘がある。小屋まで歩いて行き,たまたま,日が射したので,写真をとったりした。少し休んで降りたが,すぐにガスで覆われた。帰り,雷清水で親子連れに会う。15時を過ぎていて,小屋に泊まると言っていた。中ノ芝を過ぎる頃から,雨が降り始め,和田小屋に着く頃には,雨はやんだ。18時を過ぎていて,暗くなり始めていた。帰り,神仙の湯に寄った。夏休み最後の週末なのか,夕食に立ち寄った赤城サービスエリアはすごい混雑で,久々,普段会えないようなような集団に出くわした。家に帰る途中,眠くなるかと思ったが,眠たくはならなかった。

 



タイム
祓川登山口駐車場09:47 
10:11和田小屋登山口
11:42下ノ芝
12:14中ノ芝 
12:19 
12:34 上ノ芝 
12:35
12:42苗場山、小松原分岐 
12:58神楽ヶ峰 
13:09雷清水
13:24
14:19苗場山 
14:24
15:17雷清水
15:23
15:36神楽ヶ峰
15:56苗場山、小松原分岐
16:04上ノ芝
16:14中ノ芝
16:42下ノ芝
17:50和田小屋登山口
18:06祓川登山口駐車場

2018年8月9日木曜日

涸沢〜北穂〜南岳〜上高地

 8月6日 晴れ時々曇り

家を5時50分に出て,沢渡の第二駐車場に9時30分に着く。バスターミナルまで歩いて行って,バスを待つが,臨時便がでて上高地に10時30分に着く。久しぶりの上高地。 河童橋まで行くと穂高がみえ,観光客が写真を撮っているので,同じように写真を撮る。GPSのログをとるのを忘れていたので,取り始める。横尾までは,山道ではなく,普通の道で,緩やかに梓川に沿って登っていく。横尾に着いたのが1時過ぎで,登山届を出す。橋を越えると,2時過ぎて歩かないよう案内があった。四時半前には,涸沢ヒュッテに着いたが,時期によって暗くなってしまうからだろう。しばらく歩いて,ガレ場の所で涸沢ヒュッテが見える。小雨が降り始める。ガレ場の登りを歩いて,涸沢ヒュッテに着くが,思った以上に時間がかかった。食事の前に,時間があったので,ヒュッテのテラスでくつろぐ。
 夕食時に,長野県の山岳警備の人が,ストックの使い方を説明。大半の人が間違った使い方をしているという。夜,気温が高く,毛布だけで寝る。

8月7日 曇り時々晴れ

朝,曇りであったが,出発するころには,晴れてきた。涸沢を横切るように涸沢小屋まで行き,右手から登っていく。 しばらく登ると鎖のあるところにでて,それからハシゴを越えると,涸沢と前穂高岳の見晴らしの良い場所に出る。何人かが休んでいた。森林限界を超えてしばらく行くと,北穂の天場があり,それを過ぎると頂上となる。穂高,南岳を見ることができた。頂上のすぐ下に北穂小屋がある。テラスがあって,そこでくつろいでいる人がいる。ほとんどの人が,北穂に登り,涸沢に帰るので,ビールを飲んだりしている。キレットに向かったのは,二組で,ガイド連れの親子と私であった。北穂小屋からは,A沢のコルまで,ざれた急なルートを降りることになる。降り始めてすぐに,何組のパーティが登ってきているのを見たが,なかなか上ってこない。しばらくして登ってきたが,急なので時間がかかるのだ。浮石もあり,慎重に降りる。何カ所か鎖やハシゴのあるところを下り,12時すぎにA沢のコルに着く。長谷川ピーク,南岳が見え,しばらく休む。長谷川ピークを越えるとき,登山者に会ったが,奥穂まで行こうと思ったが,北穂小屋に泊まろうと思うと言っていた。確かに,北穂の登りは,きついかもしれない。その他,アメリカ人のグループ,親子連れなど北穂へ向かうパーティがいた。長谷川ピークを越えて,南岳のハシゴまでは,わりと普通の稜線であった。南岳に近づくにつれて,岩稜帯となり,割と高度感のハシゴを二つ越え,距離にするとたいした距離ではないのであるが,岩稜を登っていく。もう,ピークが終わるかと思えるとまだ続く。思った以上に時間がかかった。14時30分くらい小屋に着く。予約をしていなかったので,しばらく待つよう言われる。時間があるので,珈琲をわかして飲む。夜,気温が高く,布団だと暑くて眠れなかった。

8月8日 曇りのち晴れ

朝,曇って,風が激しく吹いていた。出発するころには,ガスはなくなり,すっかり晴れた。遠く,穂高連峰が見える。南岳へは,10分ほどで到着。槍ヶ岳が見えるが,ガスがかかっていた。しばらくして,天狗原への分岐となり,急な稜線を下っていく。2カ所ほど,鎖のあるとこを降り,稜線がなだらかになると,天狗原が近い。天狗原に降りてしまうと,見えるのは槍ヶ岳だけとなる。池の畔で休んでいる人がいたが,昨日,槍ヶ岳を登って,帰る途中,寄ったとのこと。天狗原を過ぎて,幅の広い槍沢をトラバースすると,槍ヶ岳のルートに出会う。天狗原の分岐からは,斜度はわりと緩やかになり,しばらく行くと赤い小屋が見える。ババ平で,テントサイトである。何組か休んでいたが,そのまま,槍沢ロッジまで歩いた。ロッジ前にテーブルがあり,食事をしていると,20人くらい韓国人のグループが到着。案内には,英語,韓国語,中国語で書かれており,ポピュラーなコースなのだろう。30分ほど休んで,出発。沢沿いをだらだらと下り,12時40分ころに横尾に到着。少し休む。多くの人が休んでいる。しばらくすると,宿泊の準備ができたという案内があって,多くの人が並んだ。この頃から,曇り始める。上高地のバスターミナルに着いたのは,4時前であった。沢渡に行くバスに長い列ができていて,乗れず,臨時便で沢渡まで行く。沢渡温泉に入り,近くのそば屋で食事をして帰る。帰り,眠たくなるかと思ったが,なぜか眠気はなく帰った。





  








タイム
8月6日
河童橋10:46
10:56小梨平(森のリゾート小梨/上高地野営場)
11:26明神館
11:37徳本口(徳本峠分岐)
12:13徳沢公衆トイレ
12:20徳澤園
12:42新村橋(パノラマ分岐)
13:22横尾 (横尾山荘)
13:44
14:06横尾岩小屋跡
14:49本谷橋
14:57
15:44Sガレ
16:26涸沢ヒュッテ泊

8月7日
涸沢ヒュッテ06:20
06:23涸沢
06:28涸沢小屋
09:18北穂高岳・天場
09:47北穂高岳(北峰)
09:48北穂高小屋
10:16
12:44長谷川ピーク
12:46
14:37南岳小屋泊

8月8日
南岳小屋06:26
06:36南岳
07:01天狗原分岐
08:34天狗池
08:35
09:26槍沢・天狗原分岐
09:54槍沢大曲り
10:30赤沢岩小屋(ババ平)
10:50槍沢ロッヂ
11:23
11:48二ノ俣
11:55一ノ俣
12:05槍見河原
12:43横尾 (横尾山荘)
13:07
13:50新村橋(パノラマ分岐)
14:09徳澤園
14:11徳沢公衆トイレ
14:49徳本口(徳本峠分岐)
14:54明神館
15:00
15:45河童橋
15:50上高地バスターミナル

2018年7月22日日曜日

西沢渓谷

大昔に行ったことがあった。すっかり忘れている。気温が高く,歩くのが今ひとつだった。水量はあったが,水は冷たくない。帰りは,昔のトロッコがあったところを歩く。夏とあって,人が少ないのか,お店もやっていなかった。






タイム
09:35西沢渓谷入口バス停
09:49ねとりインフォメーション
09:54近丸新道登山口
09:59徳ちゃん新道登山口 
10:06二俣吊橋
10:14三重ノ滝
11:18七つ釜五段の滝 
11:31
11:36西沢渓谷終点
11:41
12:01大展望台 
12:09大久保橋 
12:40ねとりインフォメーション 
12:54西沢渓谷駐車場 
12:56ゴール地点G


2018年7月8日日曜日

和名倉山

曇り
家を出たのが遅く,9時前に着く。前,笠取山に来たとき,駐車場があったので,そこにとめる。駐車代は,500円で,桃を二つもらったので,桃代とも言える。
 将藍峠へ入り口と案内があるところから,しばらく林道を行くと,牛王院へ行く案内があり,そこを登っていく。道は,整備されていて,植林されている。牛王院に近づくとシカの防御柵が張られている所にでる。そのまま進むと山の神土である。山ノ神戸からは,すぐに笹の生い茂ったところをトラバースしながら,登っていく感じである。前日,雨だったので,かなり濡れた。しばらく行くと,稜線にでて,見晴らしが良くなる。冨士も見える。そこからは,白樺の林を抜けていく,何度かピークの上りをして,東仙波に着くが,三角点が置かれているに過ぎない。そこから稜線歩きをして,二瀬分岐に着く。そこから,頂上を目指す。和名倉山の頂上は,広い頂上で,付けられた踏み跡に従って歩く。三角点が置かれていて,昔置かれた古ぼけた案内がある。すぐに引き換えすが,下りで少し迷う。同じ道をたどって,駐車場に戻ったのが,6時であった。随分かかった。靴は,新しいスポルティバのキューブであったが,20kmほど歩いたが,蒸れることはなく,靴擦れはほとんどなかった。これからは,この靴が,メインとなるなあ。



タイム
08:57民宿みはらし
08:58将監登山道入口
09:19牛王院下
09:30 
10:42牛王院平(牛王院北)
10:49山ノ神土
11:23リンノ峰 
11:24 
11:47西仙波 
12:02東仙波
12:04
12:33吹上ノ頭 
13:02八百平
13:27川又分岐 
13:38二瀬分岐(二瀬・山頂・仙波方面) 
13:53和名倉山 
14:02
14:22二瀬分岐(二瀬・山頂・仙波方面) 
14:30川又分岐 
14:41八百平
15:02吹上ノ頭 
15:31東仙波
15:51西仙波 
16:10リンノ峰
16:44山ノ神土 
16:49 
16:55牛王院平(牛王院北) 
17:39牛王院下
17:43
18:00将監登山道入口 
18:02民宿みはらし

2018年6月27日水曜日

景信山

晴れ
自転車で登り口まで行き,景信山に行く。途中,小学生の集団を追い越す。頂上は,あまり人はいなかった。霞んではいたが,スカイツリーを見ることができた。