2020年5月9日土曜日

姥子山・雁が腹摺山

行こうと思っていたが,なかなか行けなかった 姥子山・雁が腹摺山に行く。ここは,大峠からいくか,湯ノ沢峠からなのだが,いずれにせよ,アプローチが車で行くしかない。金山鉱泉から行くことにした。
大月のインターを降りて,上野原方面へ。すぐに左折して,金山鉱泉へ向かう。二つほど温泉旅館を過ぎると,何台か車が停められる駐車場がある。登山道は,そこから川を越えて,登って行く。急登が続き,尾根にでる。歩きやすい道をしばらく行くと,川が右に見えてきて,林道に降りる。そこが百間干場で,左へと林道を歩いて行くと,雁が腹摺山への案内がでてきて,そこを登っていく。しばらくするまた,林道に出る。姥子山へは,林道を右へ歩いて行き,しばらくすると,姥子山への案内が出てくる。そこを降り,しばらく登り返すと頂上である。頂上からは冨士が一望できる。再び,林道に出ると,右へ歩くと,雁が腹摺山への案内が現れ,そこを登っていく。しばらく登ると林道への道と,雁が腹摺山への案内がある。そこを右にまがり,登って行く。次第に木が少なくなり,緩やかな登りの草原状のところに出て,しばらく行くと頂上に着く。
 帰りは,金山峠から,沢沿いの道へと降りた。何回か徒渉しなくてはならず,水が多い場合は,降りるのは難しい。途中,以前かかっていた橋が壊れていて,沢を渡って,林道に取り付くのだが,その林道も荒れていて,このコースは,見捨てられているようだ。





2020年5月3日日曜日

高畑山・倉岳山

車で登山口近くまで行く。今日は,高畑山へ登り,倉岳山へ行き,そして,穴地峠から戻るというコース。自動車で,行くので,アプローチが省略できる。人は,高畑山に着いたときは,誰もおらず,倉岳山から戻るときに2,3組に出会う。





タイム

07:01スタート地点
07:12小篠貯水池
07:44穴路峠分岐
07:49
08:27仙人小屋跡地
08:58高畑山
09:04
09:06雛鶴分岐
09:26天神山
09:30穴路峠
09:56倉岳山
10:08
10:27穴路峠
11:34穴路峠分岐
12:01
13:21小篠貯水池
13:34ゴール地点G


2020年4月25日土曜日

清八山・本社ヶ丸

天気が良いので,山に。コロナの影響で,車で登山口近くまで行く。地図を見ると,角研山からの下山道が林道に交差していて,その林道を歩けば元の場所に戻れる。角研山は,一度降りたことがある。
すでに先行者がいたのか,車が駐車されていた。林道を歩き,登山口までいくのであるが,途中,台風で流されている箇所があり,驚く。そういえば,秋からあまり山に行かなかったので,知らなかったのだ。登山口には,柵が設けられていて,紐で縛られていて,紐をほどく。植林した木を鹿から守るためで,数年前に比べ,木は成長している。終いには,暗い植林した所になるだろう。植林したところを出るところにも柵があって,硬く紐が結ばれていた。先行者はいたのだろうか。しばらく登っていると,二人のトレールランナーに追い抜かされた。清八山に着いたときには,いなかったので,三つ峠にむかったのだろう。誰もいなかった。快晴とも言える天気で,南アルプス,八ヶ岳が雪に覆われているのが見えた。しばらくしていると夫婦連れが来て,カメラを苦労してセッテイングしていたので,写真を撮ってあげる。コロナもあって,いやだったかもしれない。本社ヶ丸へ向かう。そこも人がいなかったが,しばらくして一人やって来た。出発しようとしたとき,先ほどの夫婦が来た。本社ヶ丸からの道は,尾根道となり,歩きやすい。降りとなって,鉄塔の横を通り,しばらく行くと角研山となる。ここからは,降りとなり,広葉樹の尾根となる。途中,林道が横切っていて,その道をたどり,車の所まで戻る。この林道は,あれていて,途中かなりの石や土砂がある。水が道路に流れているところがあって,ガマガエルが何匹もいた。人が入っていないせいか,ニホンカモシカの子供が道路にいた。こんな所にいると言うこと,まだ,個体数としてかなりいるということなのだろう。しかし,林道が使われなくなると,荒れる一方で,使われない林道が多くあると考えると一体使ったお金はどれだけかとと思う。




タイム

07:03スタート地点
07:27清八山、本社ヶ丸登山口
07:30
08:45清八山
09:31
09:35清八峠
10:03本社ヶ丸
10:23
10:42石切山
10:59新道分岐
11:16角研山
12:42変電所
12:46ゴール地点G




2020年4月19日日曜日

滝子山


しばらく山に行っていないので,行く。コロナもあって,電車では行かず,車で桜森林公園まで行く。寂証尾根を登るため, 寂悄荘入口から入る。初めて出会ったが,いくつか小屋があり,夏のみ使われるのか,人は全くいないし,小屋の管理はなされていないようであった。踏み跡はあり,歩いて行くと尾根道になる。寂証尾根は,頂上近くになると大きな岩が出てきて,それをまくか,越えるかということになる。大きな岩の上にペンキで→あって,そこを越えたが,巻き道があった。巻き道のほうが良い。数日前に雪が降ったせいか,頂上付近の急登のところが滑りやすく,実際、二度滑った。靴が滑ると言うより,靴の下の土が,緩んでいて,それが滑る。頂上には,誰一人いなかった。昔,南大菩薩を歩いて3時近く滝子山に着いた時以来である。下山は鎭西ヶ池へと降り,通常の登りコース,難路を下る。そこは,砂地で崩壊しつつあるので滑りやすい。途中,家族連れと国籍不明の女性に会っただけであった。



タイム
桜森林公園06:51
06:54寂悄荘入口分岐
07:14高圧線鉄塔No83笛駒線
07:23
07:30大鹿林道横断点(南稜)
07:36
08:17滝子山南稜
08:18
09:46滝子山
10:2410:28鎮西ヶ池
10:33滝子山・笹子駅分岐
11:14モチガ滝
11:18
11:48浜立山分岐
11:55道証地蔵11:58
12:10浜立尾根の南尾根入口
12:21寂悄荘入口分岐
12:25ゴール地点G

2020年2月24日月曜日

百蔵山・扇山

年券を買うために,山に登る。
天気は良く,富士山が見えた。思ったよりは,人は少なかった。






タイム
猿橋駅06:23
06:53百蔵山登山口バス停
08:13百蔵山
08:26
08:47コタラ山
08:55宮谷分岐
09:05長尾峰
09:19カンバノ頭
09:54大久保山
09:57大久保のコル
10:04扇山
10:21
12:00鳥沢駅

2020年2月21日金曜日

カルメン

いや、楽しい。
以前、蝶々夫人を演奏会形式で聞いたけど、サントリーホールの席が良いのか、木管もよく聞こえる。2階LB2列8番。指揮は、暗譜、美しい指揮であった。主役のテノール,ソプラノ共に素晴らしかった。




指揮:チョン・ミョンフン
東京フィルハーモニー

カルメン:マリーナ・コンパラート
ドン・ホセ:キム・アルフレード
エスカミーリョ:チェ・ビョンヒョク
ミカエラ:アンドレア・キャロル
合唱:新国立劇場合唱団
児童合唱:杉並児童合唱団

2020年2月15日土曜日

NHK交響楽団定期第1935回

指揮 パーヴォ・ヤルヴィ
ホルン  シュテファン・ドール

アブラハムセン/ホルン協奏曲(2019)
[NHK交響楽団、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、 NTR土曜マチネ、シアトル交響楽団、オークランド・フィルハーモニー管弦楽団共同委嘱/日本初演]

不思議な曲、東洋的というのか。この曲は,日本初演で,作曲者のアブラハムセンが舞台に呼ばれていた。ドールは,ベルリンフィルの首席奏者。パーヴォは,ベルリンで初演していて,今回が2回目。こういう機会も珍しい。

ブルックナー/交響曲 第7番 ホ長調


これは,すごい名演と思う。この曲をもって,3月ヨーロッパツアーに行くわけだけどね。