2022年11月21日月曜日

 ヴィクトリア・ムローヴァ ヴァイオリン・リサイタル

今日も、武蔵野文化。ムローヴァのヴァイオリンリサイタル。ムローヴァを初めて聞いたのは、30年以上前になるだろうか、チャイコフスキーコンクールで優勝したばかりの頃ではと思う。レコード芸術を読んで、ムローヴァのチャイコフスキーヴァイオリン協奏曲のCDを買って、そのときは、実は、それほど感銘は受けなかったのだが、来日すると言うことで行ったのはないかと思う。そのときも、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲をやったのではと思うが忘れている。今回は、2つの異なるヴァイオリンを用いたコンサートで、ベートーベンやペルトを弾くというので行った次第。会場でCDを売っていたので、ベートーベンとシューベルトを購入。実は、シューベルが良いというのを後で発見。ベートーヴェンは、ガット弦で、温度や湿度で音が狂うのか、調弦をよくしていた。当時は、このようにひびいたのかと思いながら聞く。休憩を挟んで、モダンヴァイオリン。現代曲とシューベルトであるが、これは、これで良かった。

 
ヴィクトリア・ムローヴァ(ヴァイオリン)、
アラスデア・ビートソン(フォルテピアノ/ピアノ)

【ガダニーニ(ガット弦)&フォルテピアノ】
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第4番
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ 第7番

【ストラディヴァリウス「ジュールズ・フォーク」&ピアノ】
武満徹:妖精の距離
ペルト:フラトレス
シューベルト:ヴァイオリンとピアノのためのロンド D895

2022年11月17日木曜日

ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団コンサート

 今週、また、武蔵野文化会館。三鷹駅を降りたら、なにやらクリスマスの曲が演奏されていた。なにやら、クリスマス点灯式だそうで、高校生が演奏していた。

今日は、大ホール。人はあまり入っていなかったなあ。6割弱というところか。今回、聴きに行ったのは、萩原麻未が出演するからであった。プログラムは、名曲コンサート。良かったのは、やはり、萩原で、モーツァルトのピアノコンチェルトの序奏が終わって、最初のピアノ音が、あまりに美しくて、感動してしまった。ただ、オケが今ひとつで、なんかピリッとしなかったなあ。

指揮 
ヤーノシュ・コヴァーチ

萩原麻未(ピアノ)
ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団

プログラム
モーツァルト:「フィガロの結婚」序曲
モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番
ベートーヴェン:交響曲 第8番

2022年11月15日火曜日

ミシェル・ダルベルト ピアノリサイタル

 今日は、ミッシェル・ダンベルトのコンサートで、武蔵野文化会館。行きながら、途中、サッカーをやっているのを見る。

小ホールなので、後ろの席を選ぶ。結構響くんだよね。前半は、ショパン、シューマンの幻想曲で、後半は、リスト、ラヴェル、リストで、すべてロマン派の曲。ちょっと、分からないのは、最後のリストのマゼッパで、曲想が違うような気がするのだが、これが置かれていた。ほぼ満席であった。

ショパン:幻想曲 ヘ短調 op.49
シューマン:幻想曲 ハ長調 op.17

リスト:《巡礼の年 第1年 スイス》より 「オーベルマンの谷」
ラヴェル:《
鏡》より 第5曲「鐘の谷」 嬰ハ短調
リスト:超絶技巧練習曲 より
 第9番『回想』 変イ長調/第3番『風景』 ヘ長調/第4番『マゼッパ』 ニ短調

 

2022年11月13日日曜日

NHK交響楽団 第1968回 定期公演 Aプログラム

今日は、NHKホール。いつものごとく、老年のダンスグループがダンスをしていたなあ。
寝過ごして、四ッ谷まで行き、それから戻る。ギリギリに間に合う。今日のプログラムは、伊福部とショスタコーヴィチ。今日は定期二日目であったが、マイクが立ててあった。井上は、指揮棒を持って、チュルクのような黒い衣装で登場。伊福部が終わったとき、オケが立ち上がって、井上とともに聴衆にアピール。これには、聴衆も反応し、拍手が鳴り止まなかった。休憩を挟んで、今度は、タキシードを着て登
場。指揮棒を持たずに指揮していたなあ。曲が終わると同時に、ブラボー。ブラボーやめてくれと言われているのだけどね。今回は、良かったなあ。
 
指揮 : 井上道義

曲目
伊福部 昭/シンフォニア・タプカーラ
ショスタコーヴィチ/交響曲 第10番 ホ短調 作品93

2022年10月29日土曜日

武尊山

今回は、川場野営場からのぼることにした。武尊山は、これで三コースから登ったことになる。野営場から出発したが、駐車場はそれほど車は停まっていなかった。天気は晴れていたが、雲が出てきた。歩き始めは、広い緩やかな道を歩く。次第に急さかとなり、倒木や段差もあるので時間がかかる。しばらく行くと、尾根にとりつく。そこからしばらく歩くと前武尊山に着く。雪が降り始める。風も強い。そこで休んでいると、一人登山者が降りてきて、家ノ串山までいったが、強風と雪なので戻ってきたという。とりあえず、いけるところまで行く。前武尊山から少し下ると剣ヶ峰の巻き道に出会う。下りならがまくという感じである。そこをまいて、尾根筋を歩くのだが、次第に雪が強くなり寒い。家ノ串山を越えるあたり、木に雪が着いて、霧氷のようになっていた。使っていた手袋が木綿で濡れて冷たいので、別のものをつける。武尊牧場へ行く稜線への分岐に着いたとき、5,6名の若者達が食事を作っていた。中ノ岳へ行く途中、半袖、半ズボンの外人が降りてくるのに出会う。細長い窪地に池があるところを過ぎ、日本武尊の銅像を過ぎると剣が峰への分岐となり、そこからすぐに頂上に着いた。家族連れがいたのみで、頂上で、子供に剣が峰はどちらに行くのかと聞かれる。すぐ降りたところと言ったが、雪も降っており無事帰れただろうか。何も見えず、すぐに下る。前武尊に着いたのは、4時、段差のあるところを降りるのに時間がかかってしまった。途中、ヘッドライトをつけて下るが、駐車場に着いたのは、6時になってしまった。

 
タイム
08:53川場谷野営場
11:21前武尊山
11:32
12:38家ノ串山
12:41
13:17中ノ岳
13:50武尊山
13:54
14:19中ノ岳
15:01家ノ串山
16:00前武尊山
16:10
18:05川場谷野営場 

 

 


2022年10月27日木曜日

NHK交響楽団 第1967回 定期公演 Bプログラム

今日は、サントリーホール。ブロムシュテットの三回の公演の最後。ほんとによく来てくれたなあと思う。ムストネンは、武蔵野で聴いた時は、違って、素晴らしい演奏で、これほど、グリーグの協奏曲が、上品で美しいものだと知らなかった。

 
 
 
指揮 ヘルベルト・ブロムシュテット
ピアノ オリ・ムストネン

ソプラノ盛田麻央*
バリトン 青山貴

グリーグ/ピアノ協奏曲 イ短調 作品16
ニルセン/交響曲 第3番 作品27「広がり」*

2022年10月24日月曜日

オリ・ムストネン ピアノリサイタル

 武蔵野文化のピアノシリーズ第一弾というところ。プログラムは、前半はベートーベンの変奏曲を集めたもの、なかなかライブでは聞けない曲ばかり。後半は、バッハとベートーベン、ピアノソナタ32番。今まで聞いたことのないような演奏だった。

ベートーヴェンBeethoven
バイジェッロの歌劇「水車屋の娘」のアリア「田舎者の恋は何と美しく」による9つの変奏曲Wo0.69
Nine Variations on a Theme by Paisiello "Quant'e piu hello" Wo0.69
 
創作主題による6つの変奏曲へ長調op.34 Six Variations in F major, op.34
 
ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲Wo0.79
Five Variations on "Rule Britannia "
 
イギリス国歌「神よ王を守らせたまえ」による7つの変奏曲Wo0.78
Seven Variations on God Save the King”Wo0.78
 
ヴラニッキーのバレエ「森のおとめ」のロシア舞曲の主題による12の変奏曲イ長調Wo0.71 Twelve Variations on a Russian dance from the ballet "Das Waldmadchen" WoO. 71
 
-Intermission
J.S. バッハ:15のシンフォニアBWV787-801 J.S.Bach: 15 Sinfonias BWV787-80l
ベートーヴェン:ビアノ・ソナタ第32番ハ短調op.111 Beethoven: Piano Sonata No.32 in C minor, op.111